『プレシャス』と『食べて、祈って、恋をして』と『ウディ・アレンの 夢と犯罪』と『月に囚われた男』

57.プレシャス★★★★★★★★★☆
監督:リー・ダニエルズ
出演:ガボリー・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン他

家庭環境がどんなに酷くても、自分を愛せなくても、なりたい自分をイメージできて目標を見つけられる頭があって後押ししてくれる人がいれば、人は変われる強くなれるというお話。
似たような問題を抱えてる人にとってはとても勇気づけられる映画だけど、この映画を見て理解できる人限定というのが、なんとも勿体ない。

58.食べて、祈って、恋をして★★★★★★★☆☆☆
監督:ライアン・マーフィ
出演:ジュリア・ロバーツ、ジェームズ・フランコ、リチャード・ジェンキンス、ハビエル・バルデム他

キャリアウーマンの旅行ライターのジュリアが、結婚で自分を見失ってたとかで離婚して、新しい若い恋人を作って一緒に生活したもののやっぱりだめだということで自分探しの旅に出て、まず好きなイタリアで交友と食を楽しみ、次は恋人の影響でハマったインドのヨガ道場で短期修行、最後に以前仕事で訪れて影響を受けたバリを再訪問して恋人を見つけて自分を取り戻すという、なんとも恵まれた、人ごとのようなお話。
確かに、最初は自信満々なタカビー女だったのが、だんだんに自然体になっていく感じは出てたけど、環境に応じて人が変わっていくのは当たり前だし、つまるところ見失っていたのは、自分ではなく他人を思いやり愛する心だったのでは?

59.ウディ・アレンの 夢と犯罪★★★★★★★★☆☆
監督:ウディ・アレン
出演:ユアン・マクレガー、コリン・ファレル他

夢を求めて虚栄で生きる兄と、正直で善人すぎる弟。
人生は心が悪か善かで決まるのではなく、その人が起こした行動から展開して、時には予想もつかない結果が出ることもあるという教訓?

60.月に囚われた男★★★★★★★★☆☆
監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:サム・ロックウェル他

近未来、月でエネルギーを採掘する独占企業の作業員として基地でただ一人、3年契約で働く元宇宙飛行士の主人公であるが。。。
任期まであと3週間という時に起こした事故をきっかけに、なんかおかしいことに気付き始めるのです。。。???
この雇い主のルナ産業、声掛けや書かれた文字から韓国資本と思われるけど、そういう先入観や風刺はちょっとどうよ?
ほとんどがサム・ロックウェルの一人芝居で、この方クセのある脇役でよく見かけるけど、なかなかに味のある巧い役者さんです。
[PR]
by ikechanm2 | 2010-09-19 16:00 | 映画