ダニエル・パウターの来日ライブに行ってきた

13日、会場はumedaAKASO。
場所は大阪駅から地下街ホワイティ梅田を通って泉の広場まで行き、そこから地上に出てツタヤの角を右に入った路地を少し行ったところ。この路地、客引きのお姉ちゃんが立ち並ぶ飲み屋街で、女性一人で歩くような雰囲気ではないんだけど、大阪大丈夫か?と警戒しつつ進むと、あった、入り口の外で待つ人の群れ。いわゆる飲食ができるクラブ色の強いライブハウスでした。
ライブ内容は、前日の東京会場の様子とだいたい同じような感じだったと思うけど、TRIPLANEが出ない分やや早めに終了したのかな?(日本人二組がダニエルの新作アルバムに楽曲提供してるのね~)
しかしワーナーからエイベックスに移籍した久しぶりのオリジナルアルバム発売で、ファン層も以前とは変わったのか?以前のファンに情報が浸透してなかったのか?
会場は比較的(かなり?)空いてて、客層は高校生男女も混じってちょっと田舎っぽい雰囲気。熱狂的声掛けやモッシュする人も居ず、ダニエルちょっと物足りなかったかも。(スイマセン)
でも最後にダニエルが歌いながら席に下りてきて希望者全員とハグしてまわった時は、ちょうどいいゆとりでまったりとしていい感じだったんじゃないのかなぁ。(?)
あ、私は目前で見るだけでパスしました。
これが直太朗かジェイソンかアウルのアダム君なら、有無を言わずハグハグだったけど。。。(~_~;)
しかしこういうことができるのは、本人が親日家でフレンドリーで、クレィジーなファンがいないからこそですわね。
ダニエル応援してます。

新作のこの曲好き



[PR]
by ikechanm2 | 2012-12-15 11:15 | 音楽