今年48本目これで最後『K-20 怪人二十面相・伝』見てきました~

『K-20 怪人二十面相・伝』
監督:佐藤嗣麻子
出演:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、他

世界大戦を回避した日本1949年という想定の、ゴッサムシティみたいな世界での、バットマンみたいな武ちゃんと明智探偵と怪人二十面相のお話。
最初にR12指定にしたいような暴力的いじめシーンがあるのが気になりましたが、その他はお子様でもOKのコミック的ストーリーです。
二十面相の正体は〇〇〇〇だったというのはちょっと‥‥だけど、最後に義賊をヒーロー的にして終わってはいかんですね。泥棒は泥棒ですから。

今年は目標50本に足りなかったけど、近い方の映画館の洋画上映が減ってきたので止むを得ませんでした。
来年もまた引き続き、週一のペースで見ていこうと思います。
[PR]
by ikechanm2 | 2008-12-31 15:27 | 映画