『我が至上の愛 アストレとセラドン』見てきました~

『我が至上の愛 アストレとセラドン』★★★★★★★★☆☆
監督:エリック・ロメール
出演:アンディー・ジレ、ステファニー・クレイヤンクール他

ロメール監督の作品は、海辺のポーリーヌとか四季の物語シリーズなど数本をWOWOWの監督特集で見ただけですが、風景や人物の営みを自然に優しく描くかたで、ずっと映画館でお目にかかれるのを待ってました。
でも田舎ではなかなかチャンスがなく、これは今年89才になる監督の最後の長編作品だそう。
幅狭スクリーンで若干画像に鮮明さがなかったけど、5世紀を舞台にした若いカップルの恋の行方が美しい自然の中で素直に描かれています。
昔のふわっと羽織るルーズな衣装が、今のナチュラル系流行服に似ていて面白い。

今日はコカ・コーラ柄が走ってた。

d0142464_152952.jpg

[PR]
by ikechanm2 | 2009-07-05 15:29 | 映画