<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

いよいよ11月ですね。
今年はお出かけ予定がもうないので、お洋服は去年のもので間に合わせます。
あ~、えらく寂しいんですが、
だって去年以前に買ったお高いロングコートやダウンに、ポンチョにジャケットにチュニック類をまだ十分に活用し尽くしてないし。
セーター類も色々あるし、シャツ類もいっぱい。これ以上買うものがないよ~!(泣)
そこで、そんな新鮮味のないお洋服を楽しく着るために今年は小物で勝負をしようと思います。

昨日、近くのショッピングセンターで買ってきた茶系のバック。
d0142464_1730421.jpg


うつぼ公園用に買った(荷物がいっぱい入る)黒系のバック。ひろるさんに貰ったキューピーさん付き。
靴は違うの履いていきました。
d0142464_1730431.jpg


仕事上髪色が地味なのでここぞという時の強い味方、帽子3種。
d0142464_1730472.jpg


ヒールのあるデザインで歩きやすくお手頃のお値段の靴ってなかなかないんです。
d0142464_1730480.jpg


何してるの?
d0142464_1730443.jpg

[PR]
by ikechanm2 | 2008-10-31 17:30 | 日常
d0142464_1716273.jpg

[PR]
by ikechanm2 | 2008-10-31 17:16 |
『イーグル・アイ』
監督 D・J・カルーソー
出演 シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ビリー・ボッブ・ソーントン他
ネタがばれるので何も書けませんが、平和防衛をコンピューターに依存しすぎて人間がコンピューターに管理され操られてしまうお話です。
最後の音楽会のシーンは『ゲット・スマート』にパクられたのかな?
似てます。
[PR]
by ikechanm2 | 2008-10-29 19:29 | 映画
今日は朝から往復50キロの道のりをドライブして、映画2本見てきました。

『落下の王国』
監督 ターセム
出演 リー・ペイス、カティンカ・アンタルー他
活動映画の時代のロサンゼルスの病院。
映画のスタントで自殺を図ってベッドで動けない俳優が、自殺用のモルヒネを手に入れるために骨折で入院中の幼女を利用しようと活劇ファンタジーストーリーを語り聞かせ始めるのですが‥
そのストーリーをそのまま壮大な美しい映像にして、二人の現実あんど架空のファンタジーを同時進行で見せながら二人の間に芽生えた絆や信頼関係を描いていく、ハートウォーミングな絵画的な映画でした。

『ブーリン家の姉妹』
監督 ジャスティン・チャドウィック
出演 ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ他
家の繁栄のための策略としてヘンリー8世の愛人になり男子を産んだ妹と、
打算と野望に満ちて自らヘンリー王の正妻の座を奪い取ってしまう姉の物語です。
なんか篤姫の大奥みたいですが、
こちらは策略の犠牲になりつつ、浮気な王の心をつなぎとめながら男子を生まなくてはならない女の苦悩が描かれていて、結局姉は女子しか産めずそれが元で反逆罪の罪をきせられて処刑されてしまうのですが‥
その女子が成長してエリザベス1世になるわけですね。
昔の女の出世ってこういうところでしかできなかったわけで、なかなか興味深く考えさせられる映画でした。
[PR]
by ikechanm2 | 2008-10-26 18:08 | 映画
『つぐない』
監督 ジョー・ライト
出演 キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカボイ、シアーシャ・ローナン、バネッサ・レッドグレイブ他

福井駅前の名画館で、半年遅れの上映です。
ジェームズ・マカボイ最近よく登場しますが、瞳が美しい魅力的なイギリス人俳優さんです。私、ミュージシャンも俳優さんもファッションもイギリス大好きですねん大阪

13才の少女が多感な年齢ゆえに取り返しのつかない過ちを犯してしまい、
姉カップルがそれに翻弄され過酷な人生を歩むことになり、
少女は人生の最後にそのつぐないを完結させる。
というストーリーです。
前半は美しいイングランドのお屋敷でのカップルの恋を中心に、
後半は少女の過ちから始まったカップルの試練が二次大戦を背景に描かれていて、
これはロマンスというよりは反戦映画ですね。
運命と戦争に翻弄された二人の結末は決して幸せなものではなかったのですが‥‥

More
[PR]
by ikechanm2 | 2008-10-25 15:26 | 映画
『P.Sアイラブユー』監督 リチャード・ラグラヴェネーズ
出演 ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー、キャシー・ベーツ他
この前の「幸せの1ページ」でも思ったんだけど、ジェラルドふっくらしましたね。お顔が変わった。
ヒラリーはちょっと個性的な女性を演じていて、(地のままかもしれないし)
もっとロマンチックなストーリーを想像してたら少し違ってました。
最後のエンディングロールで徳永英明さんの書き下ろし曲「小さな祈り~P.S.アイラヴユー」が流れて、『初雪の恋~バージンスノー』のエンディングを連想しました。
[PR]
by ikechanm2 | 2008-10-22 19:15 | 映画

大阪の休日 

昨日は朝7時15分の特急に乗って、9時過ぎに大阪に着きました。

最近、大阪の勝手もわかってきて、地下鉄御堂筋線で天王寺動物園前へ。
駅を出ると、怪しい露天が並んだ方向に、「動物園」と書かれた看板が‥‥
そのガード下をくぐって、これまたあや‥‥商店街を通り抜けて動物園入り口に。
上を見上げると大阪市立美術館がありました。
d0142464_817538.jpg

ここは何年か前にフェルメール展を見に行ったことがありますが、本日のお目当ては佐伯祐三展です。
d0142464_817515.jpg

何年か前にも一度、大阪港の近くのミュージアムで作品展を見たのですが、その時に見られなかった作品もあったようで、またまた感動をいっぱい味わってきました。
祐三さんの絵は、モノトーンと茶の暗い画面に白と赤と黄色とグリーンやブルーが独特の色合いで効果的に配色されていて、
そのバランスが絶妙で、得もいえぬ幸せを感じわくわくするのです。
絵の具も厚めで絵筆のタッチがそのままキャンバスの上に残っていて、そこに祐三さんの痕跡を感じ魂を感じ、吸い込まれそうに感動がこみあげてくるのです。
なんか大げさですが、芸術でも映画でも音楽でも、私が夢中になってのめり込む理由はそういうところにあります。
要するに、濃ゆ~いのが好きなんですわ~
その後常設展も見て、これまた伊藤若冲の屏風や襖絵まで‥‥
きゃぁ~!
濃ゆ~い時間を過ごしました。

その後また来た道の方へ戻り、ビリケンさんのある飲食店で生ビールと焼き餃子とサラダを。
d0142464_817699.jpg

なんでたこ焼きを食べないのかというと、後でまた屋台で食べようと思ったんですっ。
でも通りの屋台には行列ができていて、並んでまで食べる根性がありませんでした~

その後、東洋陶磁美術館に行くつもりで地下鉄で淀屋橋まで戻ったんですが、
そこでうろうろ道草してたらウツボの開演時間になってしまったので、歩いて会場まで。
この日はお日様が熱くて‥‥

会場に着いて席を確認してからこの日会う約束をしてた○○るさんと待ち合わせ。
○○るさんは、○○○○こさんと約束をしてたそうで、一緒に席まで突然押しかけて失礼しました~
その後また会場で生ビールを飲んで、ライブの合間に○○○○んさんと初対面をして、直太朗のステージを満喫した後、また‥‥てんてんてんてん
帰りの列車でまたお弁当とalc 3%のビールを飲んで家に10時過ぎにたどり着きました。

追:各画家の絵画は「Yahoo!画像検索」で見れます。
[PR]
by ikechanm2 | 2008-10-19 08:17 | 日常

連休3日目 

今日は午前中に自宅と実家の掃除をして、午後からは実家にある自分専用の作業部屋(自称アトリエ)の片付けをしようと思います。8畳と4畳の古い和室にフローリングカーペットを敷いて、自分なりに仕上げたアトリエです。

8畳間の方
d0142464_1321119.jpg

古いステレオの台の上に小物をごちゃごちゃと。
d0142464_1321299.jpg

残り布をパッチワークして作ったマットでふすまを隠してあります。
d0142464_1321260.jpg

4畳間の方。裁断台とスタン(人台)。
d0142464_1321233.jpg

こんなのもあって、もっと技術を利用せんとあかんね。
d0142464_1321287.jpg

[PR]
by ikechanm2 | 2008-10-13 13:02 | 日常

あけび

はじけて食べ頃になってきました。まだまだ木にい~っぱいあります。
d0142464_1745116.jpg

         芋虫。(^^;;
d0142464_1745167.jpg

[PR]
by ikechanm2 | 2008-10-12 17:45 | 日常
今日からの3連休を有意義に過ごしたいと思ったので、とりあえず朝の8時40分から映画2本見てきました。

『ゲットスマート』
監督 ピーター・シーガル
出演 スティーブ・カレル、アン・ハサウェイ他
最近映画雑誌を読んでなかったので全くの予備知識なしで、朝早くからしてるので多分娯楽映画、コメディー?と思ってたらやっぱりそうでした。
頭脳明晰で優秀なんだけど行動面では天然ぼけの諜報機関分析官が、念願かなって憧れの007ばりのエージェントになれたのだけど…
分析力と直感力とボケを武器にして大活躍する楽しいお話です。
ビル・マーレイの名前も出てるんだけど、やっぱ木になってた人?

『イントゥ・ザ・ワイルド』
監督 ショーン・ペン
出演 エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート他
主人公が身一つで故郷からメキシコ、アラスカまで旅するお話です。
昔から大好きな俳優、ショーンの監督作なので期待したのですが、主人公の両親に対するトラウマや旅の行動についてはふ~んへ~ぐらいしか。
景色がきれいで珍しいのでなんとか最後まで見れましたが、私には共感するとか感動するとかいう映画ではなかったです。

その後は普通にお買い物してまたいつもの日常に。ダンナがいると1日10時間しか自由になれませんわ~ちえっ。(^_^;)
[PR]
by ikechanm2 | 2008-10-11 17:23 | 映画