<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』★★★★★★★★☆☆
監督:デビット・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント他

いよいよ最上級生、〇〇〇〇先生が出奔したりいろいろあって、いよいよ学校から旅立つ時が来るのですね。

『ウィッチマウンテン 地図から消された山』★★★★★★★★☆☆
監督:アンディ・フィックマン
出演:ドウェイン・ジョンソン、アナソフィア・ロブ、アレクサンダー・ルドウィグ他

また未確認飛行物体と地球外生物が出てくる(主役?)お話です。

『レスラー』★★★★★★★★☆☆
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エバン・レイチェル・ウッド他

生に対する価値観は人それぞれだけど、彼のようにすでに十分に人生を歩んで来てる人なら、残りの人生は自分の納得できる選択をすればいいと思います。彼の場合はそれで迷惑かける人もいないしね。
体が重くて息苦しそうなミッキー見てたら、なんでか私まで一緒に息苦しくなってきて辛さがすごく実感できたんだけど、これって映画館の空調のせいだった。
[PR]
by ikechanm2 | 2009-07-25 17:48 | 映画

また休日

今日は仕事先の都合で休みが取れたので、休みのダンナを連れて加賀の『日本元気劇場』に行ってまいりました。

1時間あれば行けると踏んでたのに、ダンナが急かすので早めに出たけど、早く着きすぎてもなんだから時速80キロ強でゆっくり運転してったら、ほらやっぱり1時間かからなかった。

場所は以前の加賀時代村、江戸ワンダーランドのとこをそのままリニューアルした感じで、目玉として、NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』のロケに使用される戦艦三笠のセットが、駐車場横に設置されてました。

劇場は、ダンナと二人では見たくないのでまた今度にして、今日は全体をぐるっと見学して、買い物をして、食事して帰ってきました。

アトラクションは忍者屋敷に入っただけですが、ここでは完全に忍者に負かされてしまった~(>_<)

d0142464_1725301.jpg

なんか途中の廊下の先がゆがんでて、クラクラっときたので引き返して次の間に入ったら、今度は部屋が傾いてるし~
カメラは水平です。↓

d0142464_17253041.jpg

すっきりしないまま左奥の次の間に入ったら、さらに傾いてるし~!
進行方向に向かって床をよじ登り始めるも体がフラフラして行きたい方向に進めない~
壁につかまって目を閉じてみたら電車に乗ってるみたいに床が振動してる~?
気持ち悪いので部屋の真ん中のベンチに座ったらスルスルッと。(・・?
それ以上進むとオエッと出そうなので、結局逃げました。(;_;)

昼ごはんにダンナが食べたのは・・(・・;)

d0142464_17253042.jpg

[PR]
by ikechanm2 | 2009-07-21 17:25 | 日常

バーベキュー会

昨日も朝から映画に行こうとホームページを調べてたら、今週は特に見るもんがないわ。
ちぇっ!

と思ってたら、会社主催の屋外バーベキュー大会のある日だったわ。朝9時半に支店で待ち合わせなのを忘れてた!

バーベキューとなると汗はかくしタレもこぼすし、何を着ていこうかな~と鏡の前でさんざん着替えた挙げ句のジーンズとベルトポーチ・・・
ダサっ!

これならばダサついでに~♪
例の
買ったけどすぐにパジャマに降格してた
♪ピンクドットTシャツ~♪

はい、いかにも情熱大陸的屋外イベント的、帽子をかぶったらなんとなくさまになりました。

集合場所から会社の車に乗り換えて、飲み物の買い出しを手伝って、本社のある市の山の上にあるバーベキュー公園に。
普段ほとんど会えない社員やパートの方と一緒に、私はひたすら肉を焼きビールをお供に・・・

d0142464_740222.jpg

帰りはもちろん代行タクシーで帰ってまいりました。じゃんけん大会で4回勝ち抜きしてもらった賞金があったのです。

当日の出費:±3900円
当日1日で食べたもの:肉・ビール・焼きそば・バナナ1本・スイカ1切
[PR]
by ikechanm2 | 2009-07-19 07:40 | 日常
『ノウイング』★★★★★★★★☆☆
監督:アレックス・プロヤス
出演:ニコラス・ケイジ、ローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー他

地球上で起こることは全て最初からわかっていたのか?
だとしたら、時空を把握してる高度な文明が存在してるってことですね。
そんな文明が過去に関わった出来事が聖書とも関係してて、不思議なことは必ず科学で裏づけられるってことですね。
マサチューセッツ工科大学教授のニコラスが不思議を解明して、最後までそれを見届けます。
これをトム・クルーズが演じたら、うっとおしくて見る気がしないです。

ニコラス万歳!!
[PR]
by ikechanm2 | 2009-07-17 16:04 | 映画

アナグマは猫の仲間?

夕方7時頃、猫二匹が興味津々に外をのぞいているので、なにかいなと一緒にのぞいたら、垣根がガサゴソと音をたてている。

また近所のトラちゃんかいなと見てたら、茶色いのが、、、あれ?!

アナグマが嬉しそうにこっちに向かって来る~!!

アンタは猫ではありませ~ん!!

私に気付いたヤツは、そそくさと後退して隣の軒下の方に。

猫が移動した窓からまた一緒にのぞいたら、、、
くつろいでるし~(´ω`)
カメラカメラ・・・

あ、気付きやがった~

ヤツは家の前の道路をゆっくり渡って、向こう側の側溝の中に走り去ったのでした。

アナグマ:
ネコ目イタチ科アナグマ属
[PR]
by ikechanm2 | 2009-07-15 23:35 | 日常
『ダイアナの選択』★★★★★★★★☆☆
監督:バデム・パールマン
出演:ユマ・サーマン、エバン・レイチェル・ウッド、エバ・アムーリ他

もともとの個性と育てられた環境で一般的価値観や学校生活に馴染めないダイアナが、高校でかけがえのない親友を得るも、校内で起きた銃乱射事件で犯人にある選択を迫られ、そのために親友を失い(多分)、その後幸せな家庭を築けたものの、15年後の追悼式典をきっかけにそのトラウマがよみがえり、自分の娘もまた自分とよく似た性格になってきたこともあいまって、あのとき違う選択をしていたら・・・自分は生き残る価値のある人間だったのか・・・と苦悩するダイアナです。
最後のシーンは、見る人の想像力におまかせしますってことでしょうね。

『レイチェルの結婚』★★★★★★★★☆☆
監督:ジョナサン・デミ
出演:アン・ハサウェイ、ローズマリー・デウィット、ビル・アーウィン、デブラ・ウィンガー他

子供の頃からの薬物中毒を更生中の主人公が、姉の結婚で実家に戻るんですが、こちらの家族も問題を抱えていて、結婚式の準備の様子を描きながら家族の心の問題も描いてます。
深い愛情と寛容の心で相手の立場や事情を思いやり、我慢すべきこととはっきりさせるべきことを明確にしてきちんと納得させ、それでもだめなら離れて暮らすしかないですね。
デブラ・ウィンガーは、すっかりばあちゃんになってました。
[PR]
by ikechanm2 | 2009-07-12 18:38 | 映画
映画を見に行った後、駅前の西武百貨店を通ったら、二階の広場でインディーズのアコースティック三人組『そよかぜ』が、インストアライブをしてました。
優しいメロディで、大阪のレミオロメンって感じです。
マキシシングルを買えばサインと握手をしてもらえるってことだったけど、買ってませんよ~
[PR]
by ikechanm2 | 2009-07-12 17:31 | 日常

夜の協奏曲?狂想?

藪から変な鳴き声がいっぱい聞こえる。
ウオッホッホッホ~
とか
キョロン・・・キョロン・・・
とか。
あそこの、裏が藪の家の人は、さぞにぎやか(気味悪?)だろうな。

わても気味悪だす。

d0142464_22254696.jpg

[PR]
by ikechanm2 | 2009-07-06 22:25 | 日常
『我が至上の愛 アストレとセラドン』★★★★★★★★☆☆
監督:エリック・ロメール
出演:アンディー・ジレ、ステファニー・クレイヤンクール他

ロメール監督の作品は、海辺のポーリーヌとか四季の物語シリーズなど数本をWOWOWの監督特集で見ただけですが、風景や人物の営みを自然に優しく描くかたで、ずっと映画館でお目にかかれるのを待ってました。
でも田舎ではなかなかチャンスがなく、これは今年89才になる監督の最後の長編作品だそう。
幅狭スクリーンで若干画像に鮮明さがなかったけど、5世紀を舞台にした若いカップルの恋の行方が美しい自然の中で素直に描かれています。
昔のふわっと羽織るルーズな衣装が、今のナチュラル系流行服に似ていて面白い。

今日はコカ・コーラ柄が走ってた。

d0142464_152952.jpg

[PR]
by ikechanm2 | 2009-07-05 15:29 | 映画
京都市美術館のルーブル美術館展に行くついでに他に何かないかと調べたら、大阪国際美術館でも、もう一つのルーブル美術館展をしてました。

d0142464_22154585.jpg

京都のは中世の絵画中心で、今回の一番目玉はフェルメールみたいだけど、この作品は小さいのであんまり迫力なかったなぁ。
ルーベンスやレンブラントもあったけど、中世の宗教絵画ってどれも似たような感じであんまし面白くはないです。細かい素描なんかはもう暗いし見えないしでパス。
これは、と思うところだけをぱあ~っと、つまみ食い的な見かたをしてきましたが、ベラスケスの肖像画は色彩と筆のタッチが何ともいえず絶妙で、よかった~(´ω`)

そのあと向かいの京都国立近代美術館『モダニズムの京都展』へ。
こっちのほうは美術工芸品や所蔵品展もあり、面白く見応えがあった~

d0142464_22154566.jpg

そのあと京都駅の美術館「えき」で『ミヒャエル・ゾーヴァ展』
これは小さなユーモアの絵なんだけど、暗い展示室で小さな絵葉書を見るみたいで、ほぼ全滅。老眼鏡かけて接近しないとぜんっぜんわからない!

そのあと大阪のルーブル美術館展へ。
こっちは子供を題材にした企画展で、中世から古代までの絵画・彫刻・美術品とミイラまで。
入り口からいきなり観客が行列作ってて、まさか順番に一つずつ見なきゃいけないわけじゃあるまいし。。。行列はなかなか進まず、そんなに丁寧に見たいほど興味の持てるものでもないし、ここもちまちまと細かいし、面倒・見えない・もういいわ~の3Mで、またぱあ~っと興味のあるとこだけ見て、後はチラ見。

d0142464_22154556.jpg

わざわざ大阪まで来たのにあまり収穫がなかったのでせめてお洋服でもと思ってたら、大阪駅改札口近くのお店がバーゲンの呼び込みを。
なんとなく入って見始めたら、あるある~可愛いお洋服がい~っぱい~!やっぱり大阪やね~!
京都はナチュラル系の色の少ない無難な着こなしの人がほとんどで、お店は可愛いきれい系で特に惹かれるものはなかったけど、大阪は色がある模様がある気の利いたデザインがある~!お財布にあるだけ買ってしまおう~!
で、買ったのがこれ。5割引と3割引。

d0142464_22154586.jpg

d0142464_22154541.jpg

今度の森山ちゃんコンサートに、ひとつ明るく色を込めて、黄色いTシャツと合わせてどちらかを着て行けるかな。
[PR]
by ikechanm2 | 2009-07-04 22:15 | 日常